スポンサードリンク

超格安ストレージサービスAmazon GlacierがS3と連携できるようになった

こんばんは、ころすけ(@wg_koro)です。

Amazon Glacier

「Amazon S3とAmazon Glacier連携オプションのお知らせ」というのが来たので試してみました。

Amazon Glacierって何

Amazonのストレージサービスです。ストレージサービスAmazon S3との違いは2つあります。

  • 月額利用料が超格安 (一ヶ月$0.012/GB ※東京リージョン)
  • 格納したデータは、S3のようにすぐに取り出すことはできない。(取り出せる状態になるまで数時間かかる)

普段使うことのないバックアップにいいですね!バックアップファイル直近3日分はすぐに取り出せるS3、それ以前はGlacierへ、という扱いがいいかな?

管理画面から連携してみた

管理画面(Management Console)からS3ーGlacierの連携ができる、ということなので試してみました。

バケットを選んでActionsを選択、Propertiesを選択します。※各画像はクリックで拡大できます
プロパティ

画面下部にプロパティが出てきます。Lifecycleタブを選択します。
プロパティ詳細とAdd

連携設定画面になります。
オプション入力画面

Nameには適当な名前を、Prefixには適用対象のファイル名の一部を書くのかな?

例えばdb20121120, db20121121..とファイルがある場合、「db」と書いておけばdbXXXXのファイルにマッチすんだろうか。

Time Period Formatは「ファイル作成日からの経過日数」、「日付」のどちらかを選びます。

Add Transitionで経過日数や日付を選択できる模様。

Add Expirationで削除日を設定。これはS3から削除?Glacierも削除するのかな?どっちだろう。

一通り設定して「Save」ボタンを押すと、ルールのセットが完了します。
設定完了!
ちなみに「Modify」ボタンを押すと、セットした内容を変更できます。

セットしてみたのが今日。なので、明日これがGlacierに転送されているか確認してみます。

このブログを載せているサーバー、今はバックアップ10日分のみをとるようにしていますが、Glacierと連携できるなら毎日とるようにして、過去4日分以前はGlacierに流すようにしようかな。

週末、バックアップ設定を見直してみよう(・∀・)

Facebookページ / スポンサードリンク
2012-11-21 | Posted in サーバーNo Comments » 
Comment





Comment



スパム対策のため、コメントする際は下記の計算式を埋めてください。 計算式の有効期限が切れました。計算式の隣にある再読み込みボタンを押してください。