生活

人は、脳のアイドリングストップが必要な気がする

こんばんは、仕事が一段落してほっとしているころすけ(@wg_koro)です。

アイドリング

車の「アイドリングストップ」はよく聞きますね。最近、自分は「脳のアイドリングストップ」も大事だなぁと考えるようになりました。

脳のアイドリングストップって何?

簡単です。「家で仕事のことを考えない」。

例えば、私はソフトウェア開発でご飯を食べているわけですが、この開発が佳境に入ると家でも仕事(開発)のことを考えちゃう。

バグが潜んでいないか、この作りでいいのか…などといったことを、帰っている途中・風呂に入っている時・寝るとき…ずーーーっと考えてしまいます。本なんかも読んでる余裕なし。読んでも仕事が気になって、本の内容が頭に入ってこない。

ま、これはこれで開発者としてはいいことなのかもしれません。でも加減ってものが必要です。

自分の場合は「加減」ができません。限界まで考えてしまう。かなり疲れている頭なのに、それでも考えてしまう。そんな疲弊しきった頭で考えたコトなんて、ろくなものが出てこないのに、ね。

最近はよっぽど緊急のことが無い限り、家で仕事のことは考えないようにしています。アイドリングストップ。

ここ数ヶ月はみっちり仕事モードになっていたせいで、家族に負担をかけてしまっていました。今後は頑張って「アイドリングストップ」を実施しようと思う、今日この頃なのです。

Facebook / 広告
2013年06月27日 | Posted in 生活No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、コメントする際は下記の計算式を埋めてください。 計算式の有効期限が切れました。計算式の隣にある再読み込みボタンを押してください。