生活

看板だけでおいしそうに感じるのはなぜだ

こんにちは、ころすけです。

今車で出かけているのですが、道中、達筆な看板を発見。「××蕎麦 ××」と書かれていただけなんですが、木の柱に大きく彫られていたんです。


そして、店もそれなりに雰囲気のある建物。いかにも「蕎麦!」という感じ。これだけで、

「おいしいのかな、ここ」「何か入ってみたくなるね」

という話になりました。初めて見た店で、ですよ。

蕎麦という食べ物(対象)と、それに対するイメージがピッタリと一致すると、人は好意的な印象をもつような気がします。

ということは、そのようなデザインを心がければいいのか。

デザインというのはめっちゃ大事だなー、ということを考させられた一瞬の出来事でした。

Facebook / 広告
2013年08月24日 | Posted in 生活No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、コメントする際は下記の計算式を埋めてください。 計算式の有効期限が切れました。計算式の隣にある再読み込みボタンを押してください。