スポンサードリンク

タスク管理に挫折したヤツはとりあえずこれだけをやってみろ

世の中にはタスク管理術、タスク管理アプリがあふれていますが・・・

タスクはどれに記録する?

  • どれをやってもうまくいかなかった
  • 結局長続きしなかった

となげいて挫折する人が多い。

それでも

「挫折したけど、やっぱりタスク管理はちゃんとやってみたい!」

と考えたあなた。そんな貴方にたったひとつ。たったひとつだけ試してみてほしいことがあります。

タスクを思いついたら即書け!

タスクを思いついたらすぐに!即!!記録してください。整理?なにそれ。GTD?忘れろ。

とにかく、すぐに記録する。即記録する。今すぐに記録。何か考えてはだめ!記録するだけ!

このとき整理なんてしてはいけません。ただ書く。書き出す!

これだけを2週間やってみてください。

全てを記録できるようになることが、タスク管理で一番重要なことなのです。

記録する理由

  • 今日やること
  • 今後1ヶ月、1年間でやること
  • 期限はないがやらなければならないこと
  • 自分がやりたいこと

これら全ての項目を10秒以内に人に見せることができますか?

今「んーなんだったっけー」とちょっと考えたあなた。絶対、ひとつ以上のタスクを忘れていますよ。脳というのは「重要なこと」はしっかり覚えていますが、「今、重要ではない」ことはすぐに思い出せないものなのです。

やらなければならないことはいったん頭の外に追い出して、「記憶」という負担から頭を解放しましょう。「次なにやろう」「何があったっけ」と思ったら、記録したものを見ればいいのです。覚えておく必要はありません。

タスクを記録する道具は厳選しろ

上で書いたことを実行するには、正しい道具を選ぶ必要があります。

選ぶにあたって考えなければならないことは2つ。

  • 常に肌身離さずに持ち歩いているもの
  • タスクを思いついたら10秒以内に書き込めるもの

外出している時に思いついたことを記録できないなんてナンセンス。外出先から戻った時は忘れてます。いつも持ち歩いているものを選びましょう。

また、タスクを書き出すまでに時間がかかるようだと「面倒くさいからあとで書こう」となります。あとで書くわけがないだろう?10秒以内にタスクを記録できるものにしてください。

上2つの条件にマッチしていて、かつ自分が使い慣れたものであれば何でもいいです。携帯を常に身につけているなら携帯に。手帳をいつも持ち歩いているなら手帳に。自分がやりやすい方法で記録してください。

記録する場所は一箇所に集めろ

あるときは手帳に書いて、あるときはスマホに書く。そんなこと(記録場所の分散)をしてはだめです。

いつもここだけを見ればよい」状態にしてください。

記録場所を分散するとタスクを探す手間は激増します。3箇所にタスクを記録すると、探す時は3箇所(3回)探さなくてはいけません。1箇所に集めていれば探すのは1回でいいのに。

人間は少しでも「面倒くさいな」と考えたら苦痛になるんです。面倒なことはやめましょう。

タスクの記録がうまくいったら

2週間記録し続けることができましたか?うまくできたなら、タスクの整理方法「タスク管理術」に挑戦してみましょう。

自分にあった管理術を探すのが大変だという方はGTDをやってみてください。※私が実践しているのはこれです

記録して整理する。このサイクルをうまくまわせるようになれば、タスク管理は完璧です。

まずはひとつだけ

とにかく記録。記録をやってみてください。これが鍵です。

Facebookページ / スポンサードリンク
2015-06-02 | Posted in 生活No Comments » 
Comment





Comment



スパム対策のため、コメントする際は下記の計算式を埋めてください。 計算式の有効期限が切れました。計算式の隣にある再読み込みボタンを押してください。