News

日本が浸食される日2 ~電話突撃~

前回の記事はコチラ→「日本が浸食される日 秒読み開始?

とりあえず外務省に電話して聞いてきました。
以下その大まかな内容。

こちらに意見を述べれば政府上層部に伝えてもらえるのでしょうか。
はい、貴重な意見であればもちろんです。
産経に韓国人のビザ免除恒久化検討中と書いてあったが事実ですか。
そういったことは検討しております。
ならば反対を唱えさせていただきます。それからいくつか質問よろしいでしょうか。
新聞に「特に問題ない」と外務省幹部が発言したとありますが、それはどなたでしょうか?
わかりました。伝えておきます。あと幹部の名前はお答えできないことになってまして…(どう聞いても答えなかった)
データを見て「問題ない」と答えたということですよね?
そうですね。一時的にビザ免除し、その間に犯罪件数が増えたか増えなかったかで判断しています。
つまり「マイナスになったかプラスになったか」ということで判断し、プラスにならなかったから問題ないと?
そうです。
はて、12月に韓国人スリ団がかなり増えたというニュースを見ましたが…?
あれはですね、警察のほうでですね…ゴニョゴニョ
捕らえても本当に韓国人だったかはっきりとした確証がどうもですね…ゴニョ
(なんだか相手がゴニョゴニョし始めてよくわからなくなる)
来日外国人犯罪検挙国籍トップ3はご存知でしょうか?
ええ、1位が中国、2位が韓国…
そんな状況でも問題がないと?
その件についてはですね、やはり来日される韓国の方が非常に多いので…。
だったらなおさら締め付け厳しくしなければ駄目じゃないですか?
韓国人の不法滞在の割合なんて全体の20%ですよ?
その数字は全不法滞在外人に対する割合ですよね。
来日韓国人総数が多ければ犯罪者数も必然的に増えるわけでして。
そうすると「全不法滞在者数のうちの韓国人の割合」も増えます。
なのでその数字(割合)だけで韓国人の犯罪率のみを言うのはちょっと…。
麻生外相はこのことをご存知なのでしょうか?
概要は伝えてあります。しかしまだ細かい最終決定は伝えておりませんので…。
(ちなみに外相は現在クウェートに行っており、日本にはいません)

こんな感じでした。韓国人犯罪検挙件数と割合はこっちも少しテンパってたこともあり、
なんか言いくるめられてしまった_| ̄|○ 
韓国人総犯罪者数が多い」ことが非常に重要なのに、
「割合」に話すり替えられてしまいますた…。まだまだだなぁ、ウチも。

あと気になる点が一つ。麻生外相にこのことを伝えていないという噂があります。
外務大臣をシカトして周りが独断で動いてるのか?

とりあえずビザ免除恒久化断固反対の意を伝えつつ色々聞いてみましたが、
よく分かったのは「韓国人の犯罪率から必死で目を背けさせようとしてる」ということ。
うさんくささ大爆発。そもそも万博後行方不明になった韓国人が3万9千人いたって話、
去年の産経の5/15に載ってたぞ(ソースとしてのweb上の産経記事は保存期限が過ぎたため消失)。

「万博後、犯罪者は増えてません」てのは大嘘ですね

—-2006/2/9 追記&訂正—–
3万9000人行方不明になったのは事実ですが、万博ビザ後じゃありませんでした。
H17年の1月の時点で不法滞在者数は4万3千人、うち「短期ビザ取得して入国した韓国人が3万9000人行方不明になっている」
という記事でした。訂正しますm(_ _)m。
しかし「ビザあっても」それだけ行方不明になるんだから、そもそもビザ免除なんて論外なはずなんですけどね…。

大事なニュースなのにも関わらずマスコミは報道しませんねえ。
それにしても今日に限ってヒューザー証人喚問、ホリエモン調査、宮崎被告の最終判決…
目をそらすための何かの陰謀ですか?

動かなければ何も変わりません。
ビザ免除恒久化反対と思ったらメールを一通出してみてはいかがでしょう(・ω・)

Facebook / 広告
2006年01月17日 | Posted in News2 Comments » 

関連記事

コメント2件

  • ふぃらるど より:

    おひさー。

    メール出しておきました。
    外務省は中国の手先みたいなもんですよ。教科書問題のときにはっきりしたんで信用してません。

    こうやって地味にWEB上で発信していくしかないんでしょうねぇ。なんだかな・・・。

  • wing より:

    おおお、おひさし!
    元気ですかー(・ω・)ノ

    外務省…害務省という字のほうがしっくりくるのは気のせいか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    スパム対策のため、コメントする際は下記の計算式を埋めてください。 計算式の有効期限が切れました。計算式の隣にある再読み込みボタンを押してください。