Memo

解熱剤

こっそりと書き足してみたりしてコンニチハ。

いや、この一ヶ月は40度前後の熱が一週間続くわ引越しでドタバタだわ
眠いわ仕事がはかどらんわで散々でした(-人-)。

先週、先々週の一週間、40度前後の熱出してました。
職場でも体調不良で半休・全休もらう人が続出。こわいこわい。
こんな高熱出したのは数年ぶりだったわぃ。

で。せっかく風邪ひいてえらい目にあい、ようやっと治った(といってもまだ咳してるけど)ので。
ここらで「間違った薬の飲み方」でも書いてみましょう。

ちょっと熱があるから…といってすぐ解熱剤を飲む

これはだめっす。逆に長引きます。
というか解熱剤に風邪治す効果はありません。

  • 侵入してきて大暴れしてるウイルス・細菌を弱らせる
  • 白血球を増やし、戦闘力を高める

発熱はこういった効果を持っているので、むやみやたらと解熱剤で熱を下げるのは逆効果です。
解熱剤で強制的に体温を下げる→ウイルス・細菌の戦闘力アップ→天津飯シボン(←?)。
なんてことになります。

体はウイルス等の活動が弱まる体温を設定します。
その後、一刻も早くその体温に至らせようと体を震わせ、強制的に熱を発生させます。
この体を震わせる期間が一番ツラいですねぇ。で、むやみやたらに解熱剤を使うと
この一番ツライ期間を繰り返すことになり、体力削りまくります(・ω・;)

体温が上がりきったらかなり楽になりますね。ボーっとするけど。
ウイルスや細菌の撃退が完了したら熱は勝手に下がります。

ただ、解熱剤も有効な時はあります。体温が上がりすぎて眠れないとか、
食欲が落ちすぎてるとか。そんな時は解熱剤で1度下げるとヨロシ。かなり楽になります(・ω・)

風邪で一番重要なのは発熱ではなく、発熱に伴う症状
…まあ要するに「さっさと病院でチェックしてもらえ」ってことなんですけどね(笑)。
素人判断する前にさっさと病院に行きましょう。

とにかく、「熱が出た。じゃあ解熱剤だ」ってな発想はやめましょう。体力を削りまくるうえに風邪を長引かせるだけです(経験済み)。
あと解熱剤の類を使っていないのに一日のうちに熱が大きく上下するのはヤバいです。朝39度、昼前37度、昼40度とか。
即病院行きましょう。咳に色の濃い痰がからまったり、呼吸の度に胸が痛んだりするのも危ないです。

要するにとにかく病院にいくべしってことデス。

解熱剤の使用は計画的に(・ω・)ノ

Facebook / 広告
2007年04月19日 | Posted in MemoNo Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、コメントする際は下記の計算式を埋めてください。 計算式の有効期限が切れました。計算式の隣にある再読み込みボタンを押してください。