Mac, 生活

MacのUSキーボードにかな/英数キーを作る方法

こんばんは、ころすけ(@wg_koro)です。

キーボード

ちょっと思うことがあり、PCの文字入力環境を見直すことにしました。

自分のPC環境はMac+USキーボードなのですが、これは日本語 – ローマ字の切り替えが面倒くさい。Command + Spaceと打たないと入力モードが切り替わってくれません。

これはこれで慣れたのでいいか、と思っていたのですが、最近イラっとしたことが発生。日本語を打とうとしてローマ字が入っちゃう。ローマ字をいれようとして日本語が入ってしまう。

USキーボードはCommand+Spaceを打つと、入力モードが交互に切り替わります。ローマ字、日本語、ローマ字、日本語…。通常の日本語キーボードのように「このキーで日本語に切り替え」「このキーでローマ字に切り替え」といった固定切り替えキーがありません。

このため、気をつけていないと意図しない入力モードで動いてしまうことがあります。この状態が立て続けに発生したため、ちょっと環境を見直すことにしました。※発生させたのは自分のミスですがw

目標は、日本語キーボードのように、特定の入力モードへ切り替えるキーを作ること。

あるじゃないの、便利なツールが

さて、これを実現するツールはないものか・・・と探したらすぐ見つかりました。というか既にインストールしてましたw その名もKeyRemap4MacBook。Macのキー入力をカスタマイズできるツールです。

KeyRemap4MacBook – OS X用のソフトウェア
高機能で安定性も極めて高いOS X用のキーボードカスタマイズツール。

これを使って左右のCommandボタンをひらがな、英数キーに割り当てることにします。

KeyRemapの設定画面を開きます。検索窓に「jap」と入力。そうすると・・・

キーカスタマイズ1

KANA(かな)とかEISUU(英数)という文字を発見!いやっほう既に用意されてるじゃないの。

左のCommandボタンは英数キーにします。単純に割り当ててしまうと、Command+Cのようなショートカットが使えなくなる可能性があるので「Commandキーだけ叩いたら英数に切り替え」というようにします。とすると、選択するのは
Command_L to Cmmand_L (+ When you type Command_L only, send EISUU)
ですね。
これを選択

右も同じように選択します。
Command_R to Cmmand_R (+ When you type Command_R only, send KANA)

これで左右のCommandキーを英数、ひらがなへ割り当てることができました!まだクセでCommand+Spaceを打ってしまいますが、いずれ慣れるでしょう(ちなみにCommand+Spaceでも今まで通り切り替わります)

「一発で日本語入力にならないかなぁ」と悩んでいるUSキーボード使いの方はお試しあれ。

リンク:KeyRemap4MacBook – OS X用のソフトウェア

Facebook / 広告
2013年03月28日 | Posted in Mac, 生活No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、コメントする際は下記の計算式を埋めてください。 計算式の有効期限が切れました。計算式の隣にある再読み込みボタンを押してください。