Program

理不尽なコードから世の中の深さを思い知る

コーディング

相変わらずシステム設計して運用してコード書いて設計して運用してバグつぶしてコード書いて生活してますコニチワ。

プログラムというものは「新しく作る」よりも「既存のコードを元に改修する」作業のほうが多いのですが、この既存のコードに時々変なのがいる。こういうのに当たるともう大ハマり。
※ 千と千尋の「おおあたり〜〜〜♫!」というシーンが頭に浮かぶ

前者はもはや何を分岐しているのか分からないし、後者はblankの反対のさらに否定???んんんん?????とかなるw 解読して壊さないように動作を変えないといけないのに、この読み解きにめっちゃ時間を食うという・・・。なんのいやがらせだ。

極めつけは、バグ調査の時にこういった意味不明コードを慎重に時間かけて解く → ここはバグの原因じゃありませんでしたー(ジャーン)

となった日。そんなときは「ねぇ今日もう帰って寝ていい?」という気分になるw

書けといわれても絶対書けないコードが平然と埋まっている。いやぁ世の中って奥が深いよね。としんみり思う日なのでした。

Facebook / 広告
2017年08月10日 | Posted in ProgramNo Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、コメントする際は下記の計算式を埋めてください。 計算式の有効期限が切れました。計算式の隣にある再読み込みボタンを押してください。