6.装備

装備(対人)

対人装備(主にPvP)について書きます。まず武器から。

Tヒドラチェイン:
人型特化。対人するならこれがないと始まりません。頑張って作るべし。
下位互換としてTボーンドがありますが、Tヒドラのほうが威力が高いのでできるだけTヒドラにしましょう。
Dヒドラボーンドチェイン
今までTヒドラが対人武器で一番と思っていましたが…
倍率計算するとDヒドラボーンドのほうがダメージ倍率はわずかですが上回りますね。
またサイズ特化は「ATK+5」がオマケとしてついてるので、対人をよくやる人なら作るといいでしょう。
ただし本当に対人にしか使えないので、必要なくなって処分する際に非常に困ります。
そのあたりを踏まえて作成して下さい。
ちなみに計算式(Dヒドラボーンド)
(1 + 0.2 x 2) x (1 + 0.15) = 1.61倍 (さらにATK+5つき)
Dマミーヒドラチェイン(Dヒドラマミーチェイン):
主に高fleeであるハンター・アサシンに対して使用します。マミーcを1枚刺すか2枚刺すかは
各々のdexに応じて決めてください。
dex100(威力重視)ならマミ2枚、dex120(詠唱速度重視)ならマミ1枚だと思います。
参考…盾を持たない相手なら、str100+Dマミヒドラチェインでも5k弱のダメージを与えることができます。
風武器(風フィスト or 風鈍器):
凍結した相手に風武器を使って指弾を撃つと、凶悪なダメージを与えることができます。
対人ではSGが主に使用されるため、凍結する機会もかなり多いです。作っておくと役に立ちます。
Q凍結武器(Qマリナ刺し武器):
凍結風指弾を撃つために使用します。
ゴスリン鎧着用者は凍結させることでゴスリンcを無効化できます。
「ゴスリン着用者を相手にするとき」での出番が多い武器です。
他状態異常武器:
睡眠・呪い・スタン、この辺が役に立つと思います。
これらを持って指弾1で相手を撃つといいです。
ニュマの上からでも状態異常はかかります。これを利用してPT戦でうまく使いましょう。

防具説明。
防具は様々な組み合わせがあります。状況に応じて組み合わせてください。
ここでは「これだけはあったほうがいい」というものを挙げておきます。
鎧から説明。

アンフローズン鎧:
指弾型はvitが低く、HPもそれほどありません。
そこに凍結→ユピテルコンボをくらうとまず即死します。
SGが多様されるPvPで、毎回凍結しているとPTでもお荷物になります。
なのでアンフロは作っておきましょう。
PvPでの基本はアンフロ鎧なので、これだけは高精錬しておくことをお勧めします。
ゼピュロス鎧:
攻撃魔法でよく使われるのはSGとJT、それからFBです。
使用される頻度はJT>FBなので、ゼピュ鎧を一着作っておくと生存率がぐっと上がります。
鉄ハエ鎧:
DEFを上げるための装備です。
相手PTにwizがいる場合は凍結の心配をしないといけないのでアンフロですが
wizがいない場合(めったにありませんが)は鉄ハエを着ると良いと思います。
ギオペ鎧(毒鎧):
PT戦ではまず使いません・・・が。
インベナムを多用してダメージor状態異常をかけてくる相手は少なくないです。
安物(メントルとかコットンとか)でいいので一着作っておくと役に立ちます。
プバ鎧(ペコ鎧)
前衛を相手にする際は自HPの多さが鍵になります。
ペコかプバかは自分のステで決めるようにしてください。
(素HPが7k以上ならペコです)
ドル鎧
凍結、石化を防ぐ効果があります。
難点はヒールが痛いことでしょーか(-ω-

「鎧は基本的にアンフロ、詠唱がはじまったら属性鎧に着替え、魔法をしのいだらすぐにアンフロに戻す」
これが基本だと思うので、練習してみて下さい。
DEF目的ならセイント、MDEF目的ならシルクが良いと思います。
状況と必要度に応じてcを刺す鎧を決めて下さい。

*同じ鎧で複数のc刺しを作ると着替えが危なくなります。(例:シルクでアンフロ、ゼピュ、アクアとか…)
同じ鎧で作る際は2着まで・・・としておくと着替えで失敗することが少なくなります。

続いて肩。

ダスティネス刺し肩(ワームス):
風属性攻撃をある程度カットします。
凍結した状態だと属性鎧は無効化され、強制的に水属性になりますが
ワームスをつけていると凍結状態でも風属性攻撃を軽減します。
主に凍結→JTでの即死を防ぐのに効果を発揮します。
マルス刺し肩(ジニー):
水属性攻撃を一定%カットします。
主にSGを軽減するのに使用されます。
ジャック刺し肩:
火への耐性をつけます。FBの軽減に。
問題はジャックcの生産量がかなり少ないことでしょうか・・・(--;
ボロマント:
MDEF+10。
上記3つの軽減装備が手に入らないときや、乱戦+魔法乱舞でわけわからなくなった時にどうぞ(笑)
MDEF+10は意外と効果ありますよ。
レイド刺し肩:
後衛の火力は主に属性攻撃(魔法、属性矢でのDSなど)なので使えませんが、
前衛を相手にする際はこれをつけると効果を発揮します。
転生職のスキルはどれも攻撃力高いため、レイドをつけておくと生存率は多少あがるかもしれません。

肩も状況に応じて着替えを行ってください。
相手PTに魔法職が多く、着替えを行う余裕がないときはボロマントで良いかと思います。
次は盾の説明です。

タラフロッグ盾:
人型からのダメージを30%軽減。
この装備は必須です。これがあるのとないのとでは、生存率に天と地ほどの差がでます。
ホルン盾:
あまり知られていませんが、弓だけではなく魔法も軽減します。
軽減率はタラフロより高く、35%です。
相手PTが弓職と魔法職だけの時につけると良いです。

靴の説明。

ソヒー靴:
阿修羅を使用する時にどうぞ。
ガラス靴:
MDEF目的です(MDEF+10)。
マタ靴
鎧の欄でも書きましたが、前衛の相手する際のHP補強にどうぞ。
相手にwizが多い時はガラス靴一択ですけどね(笑)

アクセサリ説明

ロザリー:
普段の狩りだと全く役にたたないアクセサリのロザリも、対人になると高性能アクセサリに変化します。
MDEFが5上がるので、アクセサリ欄に余裕がある場合につけましょう。
sロザリ(ロザリオ):
ベースが90からと装備条件は厳しいですが、90代で対人をするならこれにcを刺すと良いと思います。
MDEFが3上がります。
クリップ
刺すcは何でもいいのですが、クリップ一つにつきspが10上がります。
阿修羅の威力を求める時はクリップをつけるとよいでしょう。

武器もそうですが、防具は状況によって色々と変える必要があります。
生存率をあげるなら防具の着替えは必須です。

上で挙げた武器・防具はあくまで一部です。あとは各自で考えて作成、使用してください。

Facebook / 広告
2005年04月02日 | Posted in 6.装備No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、コメントする際は下記の計算式を埋めてください。 計算式の有効期限が切れました。計算式の隣にある再読み込みボタンを押してください。