スポンサードリンク

我が家の飼育 水槽編


我が家には多くの動物、もとい生き物がおります。犬、猫、鳥、うさぎ、金魚、アカハライモリ、熱帯魚。多いですね!今回はその中の一つ、熱帯魚の話をしようと思いまする。

うちの熱帯魚環境は超ズボラ

うちの水槽の飼育環境はスーパーズボラです。一日一回、エサをパラリといれるだけ。あと1週間か2週間に一度、1/3の水変え。以上(  ゚Д゚ )!

これで安定しているもんだから不思議だw

本当は水草水槽もやってみたいんですけど、CO2添加とか面倒くさいし
…面倒くさいと感じる時点で水草水槽やる資格ないですな!w

いれている魚も水質の変化に強い魚ばっかり。

  • ネオンテトラ
  • ブラックネオン
  • コリドラス(ステルバイ・パンダ・白コリ)
  • クラウンローチ
  • セルフィンプレコ
  • グラスキャット
  • 名前忘れた魚その1 (確か、テトラの一種)
  • 名前忘れた魚その2 (シクリッドの一種だったはず)

…名無しの魚は気にしないようにw

適当でもなごむものはなごむ

とまぁ、超適当な水槽ですが、こんなんでも和むもので。
ぼけーーっ( ゚Д゚ )と眺めていたりすることが多いですw

うーん、それにしてももうちょっと緑が欲しいなぁ。水質にうるさくない水草(ミクロソリウムやアヌビアス) をいれてみようかなー。でもセルフィンプレコや巨大化したクラウンローチに破壊されまくるだろうな…。

まぁ色々適当なのです

水槽だけでなく、動物達の世話も全てホドホドに適当です。動物を飼育している方の中には健康管理にものすごく細かい人もいます。が、経験上、ある程度ズボラなほうが動物達も長生きする気がします。もちろん、最低限の思いやりは忘れちゃいけませんが。

例えば飼い主が夜型で遅くまで起きている場合、動物達が眠れる暗い環境を別室に作ってあげる、とか、どんなにせがまれてもタマネギなど危険な食べ物は絶対にあげない、とか。

ある程度人間の生活に合わせて育てていれば、お互いストレスは少なくなると思うのです。この辺は人同士の生活にも言えることですねぃ。

うーん、なんかまとまりのない文章になってしまった。まぁいいか。
さて、ぽちが拗ねてるので散歩につれていこうっと。

Facebookページ / スポンサードリンク
2012-03-04 | Posted in 我が家の動物達No Comments » 
Comment





Comment



スパム対策のため、コメントする際は下記の計算式を埋めてください。 計算式の有効期限が切れました。計算式の隣にある再読み込みボタンを押してください。