スポンサードリンク

MongoDBで位置情報お手軽検索。あとついでにPython

MongoDB使ってますかー?便利ですよー?

最近、位置情報を処理するのにこのMongoDBを使っています。何故Mongoかと言うと
「この位置から500m以内の施設情報をヨコセ」
といった検索が超簡単にできるから。

論より証拠。
MongoDBには[緯度、経度]といった配列を含むデータをつっこんでおきます。こんな感じ。

…普通のデータ挿入と変わらないですね。
位置情報は「loc」というキーで持たせてあります。

地理空間インデックスを作成します。

はい準備OK。検索は
{ loc: {$near: [ 検索基準の緯度, 検索基準の経度 ], $maxDistance: 範囲(単位:度) }}
で行います。

新宿駅から範囲500mの施設を検索

結果:

となります。簡単ですね(・∀・)!
で、例によってPythonでやる場合。
※pymongoパッケージが必要です

実行結果

簡単ですよね!
というわけで、位置情報検索する際はMongoDB使うと便利だと思うのです(・ω・)ノ

Facebookページ / スポンサードリンク
2012-03-04 | Posted in ProgramNo Comments » 
Comment





Comment



スパム対策のため、コメントする際は下記の計算式を埋めてください。 計算式の有効期限が切れました。計算式の隣にある再読み込みボタンを押してください。