Program

Gitで大量にadd, commitしちゃった時の戻し方

何も考えず、Gitで大量のファイルをadd, commitしちゃった。あ。gitignore書いてない…ひでぶ!
という時にcommitを取り消して、かつgit addも取り消す方法。

$ git reset –soft HEAD~
ファイルはそのままで、commitだけを取り消す

$ git diff head –name-only
変更のあったファイルパスを抽出

$ git rm –cached [ファイルパス]
addを取り消す

$ git diff head –name-only | xargs -I{} git rm –cached {}
ファイルパス抽出とadd取り消しをパイプで繋いで、一気に処理。

まぁ、そもそもぼーっとしてcommitした自分が悪いんですけどね! orz

Facebook / 広告
2014年09月20日 | Posted in ProgramNo Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、コメントする際は下記の計算式を埋めてください。 計算式の有効期限が切れました。計算式の隣にある再読み込みボタンを押してください。