MT

月別アーカイブの形式変更してみた

以前の記事(更新箇所告知)で
「月別アーカイブはタイトル・キーワード・投稿日がわかればいいんじゃないかなー(・ω・)」と書きましたが
それだけだと目的記事見つけるのやっぱツライ?と思い直し、MTの本を読みふける。

お、あったよ欲しいタグが。
<$MTEntryExcerpt$>で、記事の概要を引っ張り出して表示できるらしい。
ウチは記事の概要を書いてないから、convert_breaksアトリビュートをつける。
これをつけておくと、概要がない場合、記事の最初の20ワードを抜き取って表示してくれるらしい。うん便利。

月別アーカイブのリストタグを定義タグにかえて、<$MTEntryExcerpt convert_breaks="1"$>をいれてみる。
これでタイトル・投稿日・キーワード、そして記事の冒頭20ワードが表示されるようになりました。前より見やすくなったと思うけどドウデショ(・ω・)?

<h3><$MTArchiveTitle$><$MTArchiveCount$>Entries</h3>
<dl>
<MTEntries>
<dt>
<a href=”<$MTEntryPermalink$>”><$MTEntryTitle$></a><$MTEntryDate format=”%b.%d”$>
<MTEntryTags glue=”,”>"<$MTTag$>"
</MTEntryTags>
</dt>
<dd><$MTEntryExcerpt convert_breaks=”1″$></dd>

</MTEntries>
</dl>

月別アーカイブのソースは↑のような感じにナッテマス。
*余計なリンクタグや空白タグ等は削除してあります

拍手返信:
>>俺はかれーきらいだヽ(`Д´)ノ
>>でもドライカレーはしぬほどだいすきなの!

センセイ!ウチドライカレー食べたことないかも!今度買ってみるか…?


Facebook / 広告
2005年08月18日 | Posted in MTNo Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、コメントする際は下記の計算式を埋めてください。 計算式の有効期限が切れました。計算式の隣にある再読み込みボタンを押してください。