Program

PHP用のリクエストデータ取得ヘルパー作った

基本フレームワークを使うけど、ピュアPHPで組むことも多いころすけ(@wg_koro)です。

PHPでリクエストデータにアクセスする時って意外とめんどくさいですよね。例えば、
http:://hogefuga.com/?val=1
というURLで「val」にアクセスしたい時。

値があればセットして、無ければ別の値をセット。この後、valがint型かどうかチェックして…というのがまた面倒くさい。

というわけで、色んなフレームワークに搭載されているのと同じような簡易ヘルパークラスを作りました。

データを簡単取得

Github: wgkoro/requestHelper

使い方:

第3引数に指定できる文字列は下記の通り。

  • str
  • string
  • int
  • integer
  • bool
  • boolean
  • array
  • object
  • unset

…PHPの型変換で可能なものをとりあえず全部つっこんでみましたw

メソッドはGETだけでなく、他にも色々作ってあります。

  • Http::get(key_name, default=null, cast_type=”string”) … $_GET
  • Http::post(key_name, default=null, cast_type=”string”) … $_POST
  • Http::request(key_name, default=null, cast_type=”string”) … $_REQUEST
  • Http::cookie(key_name, default=null, cast_type=”string”) … $_COOKIE
  • Env::session(key_name, default=null, cast_type=”string”) … $_SESSION
  • Env::server(key_name, default=null, cast_type=”string”) … $_SERVER

オマケとして、リクエストメソッド名を返すのもあります。

  • Http::method() … “GET”, “POST”, “PUT” …といったメソッド名を返します

使ってみるとやっぱり楽。pure-PHPのメンテナンスにお使いくださいませ〜。

Facebook / 広告
2014年03月03日 | Posted in ProgramNo Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、コメントする際は下記の計算式を埋めてください。 計算式の有効期限が切れました。計算式の隣にある再読み込みボタンを押してください。