スポンサードリンク

AmazonS3が安すぎるのでデータバックアップ置き場にした

NE MU I ですこにゃちわ。

先日、このブログや他のシステムのサーバー引っ越しを行いました。
で、作業ついでにバックアップもとりたいなーと考えた(今まで取ってなかった←!)。

バックアップの保存先どこにすんべか…と考えて色々調べたところ、AmazonS3いいんじゃね?という結論になりました。だってめちゃ安いし。

最初の1TB/月まで1GBあたり$0.125、低冗長化ストレージなら$0.093/GB。アップロードだけなら転送量無料。お小遣いで十分すぎるほどまかなえるお値段。
※もっと詳しい情報はココみてくだし。


S3使うと決めたし、次はファイルを転送するツールを選ぶ。ちょっと検索したところ、s3syncいいんじゃね?と思って試したけど、S3のバケットに変なゴミファイルができちゃって駄目デシタ。なんかこれで作られたゴミファイル、何しても消えないんですがΣ( ゚Д゚ )

んで。
最終的にs3cmdを使うことにしました。CentOSならepelリポジトリ追加すればすぐ入ります。
$ sudo yum install s3cmd
楽。使い方はざっとこんなん↓

初期設定。アクセスキーとかシークレットキーとか設定する
$ s3cmd –configure

ファイル一覧を見る
$ s3cmd ls s3://バケット名

ファイル保存
$ s3cmd put hoge.txt s3://バケット名/hoge.txt

ファイル削除
$ s3cmd del s3://バケット名/hoge.txt

うん、操作が簡単なのがいいですね(・∀・)

で、Cronで実行するスクリプトがこちら。
バックアップは /var/backup 以下に置くとします。

こいつをCronで適当な時間に回せばOK。これで突発的にサーバークラッシュしても大丈夫…かな(・∀・)

Facebookページ / スポンサードリンク
2012-02-22 | Posted in ProgramNo Comments » 
Comment





Comment



スパム対策のため、コメントする際は下記の計算式を埋めてください。 計算式の有効期限が切れました。計算式の隣にある再読み込みボタンを押してください。