Program, 生活

プログラマーの生産性はノリで10倍違ってくる

こんばんは、ころすけ(@wg_koro)です。

PC

プログラマーの生産性は、集中している時と、集中していない時で10倍くらいの差があるんですよ。知ってました?

プログラマーのエンジンは気まぐれ

プログラマーはモノを作ります。この「作る」という行為はそれなりの集中力と体力が必要。しかし、いつでもどこでも集中できるかというと・・・無理

気分のエンジンがかからない時は完全にエンスト状態。動かない。逆に、一旦エンジンがかかるとジェットエンジン並に高出力。高出力なんだけど・・・気まぐれ。

夕方からエンジンかかるとか、午前中にエンジンかかって午後にエンストするとか。(自宅にて)夜中にエンジンフルスロットルになるとか、本当に不安定。

集中できない時に書くコードはゴミ

断言しちゃった。

けど、本当にそう思います。エンジンがかかっていない時、集中できない時に書いたコードは100%、後から手直しが必要になります。「ゴミ」です。

集中している時の生産性は10倍

一旦集中すると、集中していない時に比べて10倍良いコードが書けます。作る速度も数倍速くなります。

集中している状態であれば、どんなに長時間コーディングしていても苦になりません。「夢中でコード書いていて、気がついたら朝だった」なんてこともよくあります。

いかにして集中モードに入るか・入ってもらうかが鍵

プログラマーに仕事をしてもらう時、一緒に働いてもらう時は、下記のことに注意するといいです。

  • 集中しやすい環境作りが許されているか
  • 可能な限り、自分のペースで仕事を進めることができるか

プログラマーはカワリモノ

このように、プログラマーという生物は少し特殊です。

仕事中に遊んでいるように見えることもあるかもしれませんが、一旦集中すればものすごい勢いで仕事をするので、そっとしてあげておいてくださいw

Facebook / 広告
2013年01月18日 | Posted in Program, 生活No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、コメントする際は下記の計算式を埋めてください。 計算式の有効期限が切れました。計算式の隣にある再読み込みボタンを押してください。