生活

集中力を高めたい場合は日中の休憩をきちんととるべし

こんばんは、ころすけ(@wg_koro)です。

休憩

皆さんは仕事中、お昼の休憩をちゃんととっていますか?

これをちゃんととるかとらないかで、効率が大分違います。今更ながらこれに気づきました・・・。

休憩しないパターン

お弁当だ何だで、職場でお昼を過ごしちゃうパターン。場所が場所だけに、ご飯食べつつ仕事のこと考えちゃったりしますね。

このように、仕事のことを考えちゃうと頭が休まりません。(集中力は低いながらも)仕事をしているのと同様の状態になります。

頭が休まらないため、お昼が終わった後も集中力がゆるゆると低下していきます。回復しないまま、ずーっと右肩下がりで集中力が低下していきます。

休憩できるパターン

お昼時間を「自席以外」で過ごします。頭は一旦仕事と切り離されますので、脳みそにリセットがかかります。

リセットがかかると、後半の仕事に気持ちよくとりかかることができます。

これまで

忙しい時も忙しくない時も、ついつい仕事を考えつつお昼を食べちゃうんですよね。外行った場合も、お昼食べ終わったらすぐ職場に戻ったりして、仕事超優先。

これはこれで問題ないんじゃないか?と考えていましたが、最近、やっぱりダメじゃね?と思い始めました。夕方頃に息切れしてしまうのです。

一方、お昼時間に頭を仕事と切り離した場合。この時は集中力が長く続くケースが多いです。

やっぱり脳みそには休憩が必要だということです。最近はこの「休憩」を強く意識するようになりました。

仕事はガリガリやるけど、一日の終わりあたりで息切れしちゃう方。それはもしかすると「休憩」が足りてないのかもしれませんよ。お昼にしっかり休むようにしてみてはいかがでしょう?

Facebook / 広告
2013年05月09日 | Posted in 生活No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、コメントする際は下記の計算式を埋めてください。 計算式の有効期限が切れました。計算式の隣にある再読み込みボタンを押してください。