生活, 雑記

日本人は宗教と無縁なのかと言われれば違う気がする

こんばんは、ころすけ(@wg_koro)です。

神社

朝、下記の記事を読んで色々考えてしまいました。

信仰が無いことにいまさら苦しむ

と言っても、上記記事の内容とは直接関係無いことなのですが。

日本人は無宗教だろうか?

多くの日本人(自分も含む)は宗教に興味が無いように見えます。しかし、完全な無宗教か?と問われるとこれもまた違う気がする。

  • 困ったときの神頼み
  • どちらにしようかな、天の神様の言うとおり♪
  • そんなことすると、バチがあたるよ!

日本人であるならば、こういった言葉を聞いたり、口ずさんだりしたことは一回はあるのではないでしょうか?

はっきりとした神は持たないけど、ぼんやりとした、何らかの絶対的存在は各々持っている。そんな気がします。あ、よく考えると神道の影響が大きいのかな。

神道 – Wikipedia
神道(しんとう・かんながらのみち)は、日本における信仰体系であり、日本固有の、一神教ではない宗教とされている。

神道には明確な教義や教典がなく[3][4]、『古事記』、『日本書紀』、『古語拾遺』、『宣命』といった「神典」と称される古典を規範とする。森羅万象に神が宿ると考え、天津神・国津神や祖霊をまつり、祭祀を重視する。浄明正直(浄く明るく正しく直く)を徳目とする[3]。他宗教と比べて現世主義的といった特徴がみられる。

神道とは森羅万象を神々の体現として享受する「惟神の道(かんながらのみち、神と共にあるの意)」であるといわれるが[5]、その根幹にあるものは森羅万象や祖霊、死者への畏敬の念である。

この「畏敬の念」というのが、人々の中に備わっている気がする。とすると、皆、根っこは神道なんじゃなかろうか(暴論)。

あるいは「日本文化」という名前の教え。

  • 人に迷惑をかけてはいけません
  • 食べる前には「いただきます」。食べ終わったら「ごちそうさま」
  • 人に何かしてもらったら感謝しなさい
  • 死者を冒涜してはいけません
  • 北枕で寝てはいけないよ

・・・etcetc。

日本人であれば、幼い頃から教え込まれる数々のしつけ、礼儀作法や言い伝え。これらは宗教のようなものも、数多く含んでいる気がします。

はっきりとした宗教はないけれど

宗教ともとれる教えを皆知っている。守っている。こういうことなのかなぁ。

まぁゆるりと

うーん、このブログで宗教について語る気はなかったんですが、ちょっと考え込んじゃったので書いちゃいました。普段考えないもんなぁ。

たまにはこういったことを考えてみるのも楽しいですね。

Facebook / 広告
2013年01月21日 | Posted in 生活, 雑記No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、コメントする際は下記の計算式を埋めてください。 計算式の有効期限が切れました。計算式の隣にある再読み込みボタンを押してください。