Program, 生活

ヒャッハー!Githubから締め出しくらったぜぇ!

てなことを書いておいてなんですが、締め出しをくらったのは私ではなく同僚Kですw

Github

「パスワード忘れた〜」

Kの一言から物語は始まります。

「パスワード再設定すりゃいいじゃん」

そうね。パスワード再設定…と。ポチポチ。ログイン。でん。二段階認証。
二段階認証

携帯で二段階認証のコードをチェック。入力。・・・コードが通らない?もういっかい。やっぱり通らない。

「どゆこと?」

話を聞くと、どうやら携帯を一度紛失して買い直したそうな。その後、二段階認証のアプリ(Google Authenticator)を入れ直したが、その入れ直した時に何かを間違えた様子。

何をどう間違ったのかよく分からないけど、確実なのは「アプリに表示されるコードは正しくない」ということ。

「じゃあパスワードの代わりにリカバリーコードいれるしかないね」

「なにそれ?」

え?リカバリーコードを知らない??携帯の紛失などで二段階認証アプリが手元に無い場合に入力する、緊急用のパスワードのようなものなんだけど・・・。知らない。まじか。

リカバリーコードなし。携帯なし。こりゃGithubに直接問い合わせかな?問い合わせフォームは・・・。あ。

Warning: For security reasons, GitHub Support cannot restore access to accounts with two-factor authentication enabled if you lose your phone and don’t have access to your recovery codes.
https://help.github.com/articles/about-two-factor-authentication/

意訳: 二段階認証を設定していて携帯とリカバリーコード両方を無くした場合、セキュリティの都合上、アカウントの回復はできません

(デデーン) K、アウトー。

Kのアカウントには二度と入れなくなってしまいました。あーあ。結局新しいGithubアカウントを取り直すことになりました。

締め出しをくらわないために

リカバリーコードは手元に置いておいておこう!

アカウント設定へ移動して
設定

「Security」を選択
メニュー:セキュリティ

「Save your recovery codes」をクリック
リカバリーコードリンク

複数のリカバリーコードが表示されます。テキストファイルとしてダウンロードするなり、印刷するなりして手元に保存しておきましょう。
リカバリーコード

二段階認証を設定できるサービス(GoogleやEvernote、Dropboxなど)には必ずリカバリーコードが設定されています。「二段階認証を設定しているけどリカバリーコードを持っていない」というそこのあなた!今すぐに確認しにいきましょう。下手したらそのサービスを二度と使えなくなりますよ!

Facebook / 広告
2015年03月06日 | Posted in Program, 生活No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、コメントする際は下記の計算式を埋めてください。 計算式の有効期限が切れました。計算式の隣にある再読み込みボタンを押してください。